2006年08月05日

余りに恥ずかしいバグ

・auのW42CAとW42Hに強制再起動する不具合
(http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/30484.html )
いやぁ、やっちゃいましたね。知らない人にはなんだか判らないでしょうけど、
今のまともなプログラマなら一目瞭然のバグのようです。
なんで発表しないんでしょうか。余りに恥ずかしくて発表できないんでしょうか。
勘違いする人がいるかもしれないので補足。
printf()系は出力関数なのですが、例外的に%nは出力した文字数を
本来の出力先でなくポインタ引き数(int *)の指す領域に格納します。
また、%Sは言語仕様(ISO-C89/C99とも)には載っていませんが一部処理系では
ポインタ引き数(const wchar_t *)の指すワイド文字列の出力です。
当然ポインタ引き数を積んでいないはずなので、どちらも異常を来たす訳ですね。
#%sは、あらぬ個所を読んでも0値のバイトを踏んづける確率が高いのでセーフなのかも。
posted by 性悪狐 at 23:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。