2006年10月24日

「泣かされました」と「あきれ果てて涙も出ません」

先ずは前者。
・「レスキュー隊員になる」優太ちゃんが母姉の墓参り
(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061022i213.htm )
「なに」に手を合わせているのかホントなら未だ理解できる歳ではないのに……
きっと、周りの大人もしっかりしているのでしょうね。
立派なウルトラマンになってもらいたいものです(間違い)。

片や、周りの大人に見殺しにされる子供もいます。
・京都3歳児餓死、相談所が虐待情報を放置…父の話信用
(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061023i405.htm )
「どうしてそこまで残酷になれるのか」と考えたくなりますが、それは恐らく思い違いなのでしょう。
虐待する親や放置した相談所の連中には、きっと子供の痛みが理解できないし想像もできないのです。

そして恐らくはそんな大人に育てられたであろう子供たちは、こうなってしまうのでしょうか。
・福岡中2自殺 いじめ集団1年前からしつこく 死後「せいせいした」
(http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061022&j=0022&k=200610220665 )
・三輪中自殺 いじめ相談 教室で暴露 不適切発言の1年時担任 内密の願い無視
(http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20061023/20061023_010.shtml )
他人を傷つけてしまうことがいいとは言いませんが、ある程度は仕方ないとは思いますよ。
でもそれが、死に至るほど度が過ぎるのは結局、想像力の欠如だと思うのです。
posted by 性悪狐 at 00:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。